八王子合氣道友好会ブログ

合気道が好きな人たちのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

兄ちゃん、ギター弾くのかい? Vol.2

ガラ少と同じく、ようやくセンターが終わったT.G.コノです。

ウソです。
センターとか関係ないお年頃です。

さて、驚くほどの退屈な長文になってしまった第一回の「兄ちゃん、ギター弾くのかい?」でしたが、第二回目の今回は、少しコンパクトになるように努力しましょう。前回は「伝統のGibsonと革新のFender」という話をしましたが、今回は「伝統のGibson」から、「レスポール」です。



「Gibson 〔Les Paul〕」

1952年に、ジャズギタリストのレス・ポール氏によって開発され、ギブソン社から発売されたギター。フェンダー社のストラトキャスターと並んで、エレキギターの二大モデルの一つです。アコースティックギターの製法を、そのまま空洞のないエレキギターに発展させたような伝統的な作りですが、高音弦が弾きやすいようにカットされたボディ形状や、パワーのあるダブルコイル(ハムバッキングPU)を搭載し、甘く、太い音が出るのが特徴です。

スラッシュモデル。


主な使用ミュージシャン:
レス・ポール、スラッシュ、ジミー・ペイジ、ザック・ワイルド、ゲイリー・ムーア、ピート・タウンゼント、エース・フレーリー、ビリー・ギボンズ、デュアン・オールマンなど。私の中でイメージが強い日本人は、奥田民生でしょうか。



では、年式による詳しい変遷などは割愛して、主な特徴を3点に絞り、かいつまんで説明していきます。

ボディ

前回紹介したFenderのストラトは、比較的細くでシャープな音が出ると書きましたが、その対極にあるのがこのレスポールの音でしょう。その大きな要因の一つとして、メイプルとマホガニーの二層構造によるボディがあると言えます。簡単に言うと、メイプルは硬いエッジの効いた音、マホガニーは、粘りのある柔らかい音が出る木材です。その二つの性格の違う材を、ラミネートにすることで「いいとこ取り」を狙っています。

裏面。

横から。

↑こちらは、背面、そして横から見た写真です。表はメイプル、裏はマホガニーの「二層構造」がよく分かると思います。そして、メイプルは物によっては、非常に美しい「杢(もく)」と呼ばれる模様が出ます。一番上の写真でも、一見すると虎の模様のように縞模様が入っていると思います。これが「杢」です。塗装やグラフィックではありません。このタイプは「虎杢(とらもく)」と呼ばれます。他に「鳥目(バーズアイ)」と呼ばれるものもあります。

表に張られるメイプルは、ほとんどが「ブックマッチ」と呼ばれる、一枚の板を縦に切り、そのまま本を開いたような状態で接着されます。その木目は一見、左右対称に見えるのですが、見る角度によって様々に表情を変えるので、非常に不思議で美しいです。楽器屋さんで見かけた時は、店員さんに怪しまれない程度に、色々な角度で見てみて下さい。



ネック

アコースティックギターと同じ、セットネック方式と呼ばれる、ネックとボディを接着する構造を持つレスポール。材質はボディのバック材と同じ、マホガニーです。横から見た写真でも分かるとおり、ネックの先端の「ヘッド」と呼ばれる部分が、かなり角度が付けられているのが見えると思います。正確には、ネックもボディに接着された段階で角度が付けられているのですが、これがかなり厄介なのです。

何が厄介なのかと言えば、そもそもあまり強度のないマホガニーという材質、そこに角度が付けられていて、弦による張力が、常に掛かっているネック。うっかり倒してしまったりすると…そう、角度の付いた部分が床に強打されて、いとも簡単に折れてしまうのです。これは伝統製法による宿命なので、気をつけるしかないのですが…。一度折れてしまうと、ボディと簡単に切り離せない構造なので、修理作業が大変なのです。

「ボリュート」という、角度の付いた折れやすい部分の根元に「こぶ」を作るようにして、少し肉厚にして折れにくくする対策があるのですが、やはり構造的な問題が大きく、それほど効果がないのが実情です。

前回紹介したストラトは、ボディとネックをネジで着脱できるので、この場合の対処が簡単に行えます。そもそも、この「ネックが折れやすい」ウィークポイントを無くす為に、フェンダー社はネックにメイプルという強固な材質を選び、余計な角度がつかないように設計したのでした。私の経験で言えば、フェンダーは「投げても壊れません」。



ハムバッキングP.U

ストラトには、パワーの少ないシングルコイルP.Uを使っていると書きましたが、レスポールには、ダブルコイルのハムバッキングP.Uという、シングルコイルP.Uを二つくっつけたようなものを採用しています。一番上の写真のP.Uは、白と黒で色分けされている「ゼブラタイプ」を使っているので、「ダブルコイル」の構造が分かると思います。

シングルコイルに比べ、ダブルだけあって(?)パワーがあります。そしてその二つのコイルの位相を逆転させて組み合わせ、「ハムキャンセリング(「ハムバッキング」の由来)効果」を狙っているので、ノイズが非常に少ないと言う利点もあります。

非常に暖かく、太い音が出るので、大きな音で弾くと、何とも言えない音圧が非常に気持ち良いです。ハードロック、ヘビーメタルなど、轟音でギャーギャー弾き倒すジャンルのギタリストは、ほとんど100%と言っていいほど、こうしたハイパワーP.Uを使う傾向があります。




どちらを好むかは人によりますが、フェンダー社の製品は、いかにも「工業製品」という趣で、大量生産に重点を置いた設計。少し素っ気無い部分も確かにあります。かたやギブソン社の製品は、今でも「伝統工芸品」的な側面を持ち、「所有する事の喜び」を満たしてくれるギターであると思います。実際、ボディの外周を縁取るようにして施されるバインディングや、ネックのポジションの目印となるマークには、凝った象嵌(インレイ)で豪華に見せる工夫がしてあります。

左利きの私なので、本物はまだ手に入れたことがありません。高いんですよ…。でも、実際問題として、左用の在庫を探すのも大変かも知れませんが。でも、いつかは一本くらい持っておきたいと思うギターです。



レスポールと言って忘れてはならない人が、もう一人いました。

唯


先日はアニメ「けいおん!!」の声優さんのサイン入りギター(定価3万円以下のコピー品)が、300万円で落札されたというニュースがありましたね。ん~、価値というものは一体、何なんでしょうか。


スポンサーサイト

テーマ:アニソン・キャラソン - ジャンル:音楽

  1. 2011/01/23(日) 20:03:42|
  2. よもやま話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<兄ちゃん、ギター弾くのかい? Vol.3 | ホーム | センター終了です\(^O^)/>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://802aikido.blog36.fc2.com/tb.php/163-480d5b3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ザ・グレート・コノ

Author:ザ・グレート・コノ
ブログ番長のT.G.コノです。
八王子合氣道友好会で、合氣道やってます。八王子を拠点に活動する団体です。生徒の徒然を書きますので、お気軽にコメント下さい。

また、合氣道仲間を随時募集していますので、興味のある方は、いつでもご連絡下さい。

なお、入会資格は小学生以上の方とさせていただきます。ホームページへのリンクはこちら↓からどうぞ。

八王子合氣道友好会



※必ずお読み下さい。

管理人からのお願いです。

当ブログでは、お越しになった方々とのコミュニケーションを図りやすくする目的で、皆様からのご意見を自由に投稿いただけるコメント欄を設けております。投稿内容があからさまな嫌がらせ、誹謗中傷、記事に無関係な勧誘など悪質なものは発見次第、管理人の判断で予告無しに削除をする場合がございます。ご了承下さい。

合気道に興味がある方もそうでない方も、楽しく参加できるよう、最低限のマナーを守っていただけると幸いです。宜しくお願い申し上げます。

カテゴリ

八王子合氣道友好会について (3)
合氣道の徒然 (78)
よもやま話 (89)
イベント (22)
連絡事項 (4)
オススメグルメ (7)
メンバー自己紹介 (8)
八王子のこと (17)
分類不可 (5)
見学や体験をお考えの皆様へ。 (1)

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。