八王子合氣道友好会ブログ

合気道が好きな人たちのブログです。

兄ちゃん、ギター弾くのかい? Vol.2

ガラ少と同じく、ようやくセンターが終わったT.G.コノです。

ウソです。
センターとか関係ないお年頃です。

さて、驚くほどの退屈な長文になってしまった第一回の「兄ちゃん、ギター弾くのかい?」でしたが、第二回目の今回は、少しコンパクトになるように努力しましょう。前回は「伝統のGibsonと革新のFender」という話をしましたが、今回は「伝統のGibson」から、「レスポール」です。



「Gibson 〔Les Paul〕」

1952年に、ジャズギタリストのレス・ポール氏によって開発され、ギブソン社から発売されたギター。フェンダー社のストラトキャスターと並んで、エレキギターの二大モデルの一つです。アコースティックギターの製法を、そのまま空洞のないエレキギターに発展させたような伝統的な作りですが、高音弦が弾きやすいようにカットされたボディ形状や、パワーのあるダブルコイル(ハムバッキングPU)を搭載し、甘く、太い音が出るのが特徴です。

スラッシュモデル。


主な使用ミュージシャン:
レス・ポール、スラッシュ、ジミー・ペイジ、ザック・ワイルド、ゲイリー・ムーア、ピート・タウンゼント、エース・フレーリー、ビリー・ギボンズ、デュアン・オールマンなど。私の中でイメージが強い日本人は、奥田民生でしょうか。



では、年式による詳しい変遷などは割愛して、主な特徴を3点に絞り、かいつまんで説明していきます。

ボディ

前回紹介したFenderのストラトは、比較的細くでシャープな音が出ると書きましたが、その対極にあるのがこのレスポールの音でしょう。その大きな要因の一つとして、メイプルとマホガニーの二層構造によるボディがあると言えます。簡単に言うと、メイプルは硬いエッジの効いた音、マホガニーは、粘りのある柔らかい音が出る木材です。その二つの性格の違う材を、ラミネートにすることで「いいとこ取り」を狙っています。

裏面。

横から。

↑こちらは、背面、そして横から見た写真です。表はメイプル、裏はマホガニーの「二層構造」がよく分かると思います。そして、メイプルは物によっては、非常に美しい「杢(もく)」と呼ばれる模様が出ます。一番上の写真でも、一見すると虎の模様のように縞模様が入っていると思います。これが「杢」です。塗装やグラフィックではありません。このタイプは「虎杢(とらもく)」と呼ばれます。他に「鳥目(バーズアイ)」と呼ばれるものもあります。

表に張られるメイプルは、ほとんどが「ブックマッチ」と呼ばれる、一枚の板を縦に切り、そのまま本を開いたような状態で接着されます。その木目は一見、左右対称に見えるのですが、見る角度によって様々に表情を変えるので、非常に不思議で美しいです。楽器屋さんで見かけた時は、店員さんに怪しまれない程度に、色々な角度で見てみて下さい。



ネック

アコースティックギターと同じ、セットネック方式と呼ばれる、ネックとボディを接着する構造を持つレスポール。材質はボディのバック材と同じ、マホガニーです。横から見た写真でも分かるとおり、ネックの先端の「ヘッド」と呼ばれる部分が、かなり角度が付けられているのが見えると思います。正確には、ネックもボディに接着された段階で角度が付けられているのですが、これがかなり厄介なのです。

何が厄介なのかと言えば、そもそもあまり強度のないマホガニーという材質、そこに角度が付けられていて、弦による張力が、常に掛かっているネック。うっかり倒してしまったりすると…そう、角度の付いた部分が床に強打されて、いとも簡単に折れてしまうのです。これは伝統製法による宿命なので、気をつけるしかないのですが…。一度折れてしまうと、ボディと簡単に切り離せない構造なので、修理作業が大変なのです。

「ボリュート」という、角度の付いた折れやすい部分の根元に「こぶ」を作るようにして、少し肉厚にして折れにくくする対策があるのですが、やはり構造的な問題が大きく、それほど効果がないのが実情です。

前回紹介したストラトは、ボディとネックをネジで着脱できるので、この場合の対処が簡単に行えます。そもそも、この「ネックが折れやすい」ウィークポイントを無くす為に、フェンダー社はネックにメイプルという強固な材質を選び、余計な角度がつかないように設計したのでした。私の経験で言えば、フェンダーは「投げても壊れません」。



ハムバッキングP.U

ストラトには、パワーの少ないシングルコイルP.Uを使っていると書きましたが、レスポールには、ダブルコイルのハムバッキングP.Uという、シングルコイルP.Uを二つくっつけたようなものを採用しています。一番上の写真のP.Uは、白と黒で色分けされている「ゼブラタイプ」を使っているので、「ダブルコイル」の構造が分かると思います。

シングルコイルに比べ、ダブルだけあって(?)パワーがあります。そしてその二つのコイルの位相を逆転させて組み合わせ、「ハムキャンセリング(「ハムバッキング」の由来)効果」を狙っているので、ノイズが非常に少ないと言う利点もあります。

非常に暖かく、太い音が出るので、大きな音で弾くと、何とも言えない音圧が非常に気持ち良いです。ハードロック、ヘビーメタルなど、轟音でギャーギャー弾き倒すジャンルのギタリストは、ほとんど100%と言っていいほど、こうしたハイパワーP.Uを使う傾向があります。




どちらを好むかは人によりますが、フェンダー社の製品は、いかにも「工業製品」という趣で、大量生産に重点を置いた設計。少し素っ気無い部分も確かにあります。かたやギブソン社の製品は、今でも「伝統工芸品」的な側面を持ち、「所有する事の喜び」を満たしてくれるギターであると思います。実際、ボディの外周を縁取るようにして施されるバインディングや、ネックのポジションの目印となるマークには、凝った象嵌(インレイ)で豪華に見せる工夫がしてあります。

左利きの私なので、本物はまだ手に入れたことがありません。高いんですよ…。でも、実際問題として、左用の在庫を探すのも大変かも知れませんが。でも、いつかは一本くらい持っておきたいと思うギターです。



レスポールと言って忘れてはならない人が、もう一人いました。

唯


先日はアニメ「けいおん!!」の声優さんのサイン入りギター(定価3万円以下のコピー品)が、300万円で落札されたというニュースがありましたね。ん~、価値というものは一体、何なんでしょうか。


スポンサーサイト

テーマ:アニソン・キャラソン - ジャンル:音楽

  1. 2011/01/23(日) 20:03:42|
  2. よもやま話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

センター終了です\(^O^)/

こんばんは!
ご無沙汰してましたみなさま\(^O^)/ガラ少です!
あけましておめでとうございます【遅っ

TGさんのシリーズの途中ですが強引に書き込みます!
きょ、許可取ったからいいんだもん!

そう、今日でセンター終わりましたYAHOOOOOOOOOOOOOOO!!!!
も、もう政経と化学は受験勉強からサヨナラです。
化学は大学でもやるんですけどね…

関東でも雪が降っていたりして、試験場まで無事にたどり着けるか懸念されている地域もありましたね。
私の試験場はそんなことはまったくなく、緊張と不安と3階まで続く階段と戦うだけでした。
坂道の次に階段は、防寒+運動不足の私には少々辛かったですよ…?

泣いても笑っても歌ってもこれっきりのセンター試験。
試験前も途中も、肩に力が入っていないか、度々確認するようにしていました。
合気道で学んだことです。
肩に力が入っていたら、できるものもできなくなってしまいますよね。

試験中ものすごく力が入ってるときがあるんです。本当に。
稽古中もガチガチだったりするんですよね。
合気道をもっとやっていくうちに、肩の力をすっと抜いて生きてくことを覚えていけたら嬉しいです(^^)
なーんて♪

では、もうちょっと頑張ります。
読んで下さってありがとうございました☆
 

↓ 一目惚れしたパン。「恋するうさぎ」

恋するうさぎ


苺クリームが入ってて美味しかったです(^O^)♪
名前もかわいい~っ

それでは(( ^。^)サ^^
  1. 2011/01/16(日) 22:08:20|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

兄ちゃん、ギター弾くのかい? Vol.1

T.G.コノです。

ブログ番長としてお恥ずかしい限りですが、一月以上のご無沙汰です。
え~、こういう事態がしばらく起こらないように、今月中に三本のネタを上げようと思っております。

題名でお気づきかと思いますが、前回は道場内のメンバーから「全然わかんない」「面白くない」「合氣道と関係なさ過ぎる」と大好評だった、2009年3月から始まった「ギター大好き」シリーズのように、連続モノで行きます。全五回を惜しまれつつ終わったのも、もう二年も前ですね。

前回はギタリスト、「人」をメインにしましたが、今回は「ギター」を取り上げようかと。S兄弟のパパさんも「ギター好き」と言う情報をR君から得ているので、とりあえず一人は楽しませる事が出来るでしょう。



記念すべき第一回目は、いきなりFender社の「Stratocaster」をご紹介します。まず、ギターメーカーには、Gibson社とFender社の二大ブランドがあります。大まかに説明すれば、「伝統のGibsonと、「革新のFenderという言い方が出来ると思います。今回はまず、「革新」のFender社の製品「Stratocaster」から。

二本のストラト
赤が左用、黒が右用です。私は左利きなので、黒は逆さにして弦を張り替えて使っています。


正式にはストラトキャスター、通称「ストラト」。

主な使用ミュージシャン:
ジミ・ヘンドリックス、スティーヴィー・レイ・ヴォーン、ジェフ・ベック、バディ・ガイ、ロリー・ギャラガー、チャー、ディック・デイル、ボニー・レイット、リッチー・ブラックモアなど。思い出せてない人もたくさんいそうですが、こうして見ると日本人で「ストラト使い」ってイメージの人、少ないですね。



ストラトは1954年に発売されたのですが、特筆すべき点は、現在でも基本的に形や機能を変えることなく生産され、ミュージシャンの手元へ届けられています。そして突然、結論から言ってしまいます。それは、ストラトは世に出た瞬間から、「完成されたエレキギター」だったという事。全ては書ききれないので、特に大きいと私が判断する、以下の三点について解説していきます。まず、


ネック

それまでのアコースティックやエレキギターは、「セットネック方式」と呼ばれる方式をとっていました。それは、ギターのネック(細い部分)と、ボディの二つの部品を、きれいに密着するように加工し、その上で「接着」していました。これは二つの部材が密着することで、振動がボディ、ネックとも良く伝わり、豊かな音色に繋がるものです。

音色としては良いのですが、欠点は「ネックが折れると修理が困難」という点でした。ボディと接着剤で接着されているので、ネックだけ取り外すのに時間が掛かるのですね。

そこをクリアしたのが、ストラト(正確にはその前身のテレキャスターからですが)に採用されている「デタッチャブル方式(通称「デタッチ」)」。簡単に言うと、ネックとボディをピッタリと合うような規格でたくさん作っておいて、ネックが折れたらネックだけを交換して、「ネジでボディに留める」方式です。

プレートを介してボディと留められているネジ四本(70年代の一時期は三点留め)を外せば、ネックは簡単に取り外せるので、万が一のトラブルにも新しいネックを用意すれば、そのまま付け替えて解決できるものです。加工の精度にもよりますが、しっかり出来ているものは、音色に関してセットネックとさほど変わりないと言っても差し支えないでしょう。

パネルを介してネジ四本で留められるネック。
ネックとボディの境目に見える、金属のプレートを介して留まっています。




ピックアップ(P.U)


P.Uは、弦の振動を拾うマイクの事です。下の写真で言うと、ボディに付いている、弦が通る部分の下にある三つの部品です。ギターの弦は六本なのですが、その六本の弦それぞれに対して、六つの丸が見えると思います。それが以下に説明するポールピースです。

仕組みは、各弦に対応した六個のポールピース(磁石)に、銅のコイルが巻いてあります。その上を、金属である弦が振動する事で発生する「電磁誘導作用」により生まれる電気信号を、ケーブルを通してアンプで増幅して音が出る、という仕組み。なので、マイクと言っても、P.Uに向かって「あー、あー」と声を出しても、理論的には音は出ません。

P.Uに関しては、ヤマハのHPに実験等を絡めて詳しく載ってますので、ご参照下さい。

http://www.yamaha.co.jp/plus/electric_guitar/?ln=ja&cn=11203&pg=2

ストラトキャスターは、そのP.Uを三個も搭載しています。それぞれは全く同じ仕組みのものですが、ボディへの取り付け位置によって、音色が全然違います。取り付けられた位置によって、弦の振動の幅が全然違うからです。

P.U部分のアップ。
便宜的にP.Uを左から①、②、③と表記します。


上の写真で説明すると、P.Uは左から①→③に従って、硬い音・中間の音・丸い音が出ます。そのそれぞれを、写真中央下部に見えるレバーを使い、出したい音によって、どのP.Uを使うか選ぶ事が出来ます。現在ではレバーは五段になっていて、→ ①+②→ → ②+③→ の組み合わせの5通りの音が出ます。①+②、②+③の組み合わせは「ハーフトーン」と呼ばれ、ストラトの代名詞的な音と言われています。

ちなみに昔のレバーは三段式でしたが、たまたま中間点で二つのピックアップに跨って接点が触れるポイントがあったので、昔の人は上手に微妙な位置で止めて使用していたのですが、その煩わしさを解決する為、最初から五段にしたようです。

また、敢えてサイズの小さい「シングルコイル」と呼ばれる、パワーは弱いけども、シャープな音の出る構造のP.Uを付けているのは、エッジの効いたサウンドを出す為らしいです。それは当時のバンドスタイルの主流であったブラス(吹奏楽器)の音の中に埋もれないようにだった、という話を聞いた事があります。いずれにせよ、このシングルコイルのサウンドが、ストラトの「枯れた音」と表現される大きな要因になっている事は、間違いありません。




トレモロユニット

ストラトの一番偉大な発明と言えば、やはりこの「シンクロナイズド・トレモロ(通称「シンクロ」)」でしょう。現在発売されている様々なメーカーのトレモロユニットも、ほぼ全てがこのシンクロを元にして開発されているのは、一目瞭然です。

トレモロユニットというのは、いわゆる「ビブラート」を「機械的に作る装置」です。今までもあったにはあったのですが、その構造の複雑さや部品の多さなどにより、使うとどうしてもチューニングが狂ってしまう悩みを抱えていました。そこで開発されたのが、このシンクロナイズド・トレモロです。



ちょっと戻ってもらって、一番最初に載せた写真の黒いストラトのボディに、金属の棒が付いて垂れ下がっているのが見えると思います。その棒が付いている根元の金属の部分が、トレモロユニットです。金属の棒は、トレモロアームといいます。そして二枚目の写真の赤いストラトのボディの裏には、スプリングが張ってあるのが見えます。ギターの裏にスプリングが張ってあるなんて、知らなかった人もいるでしょうね。それも大事な部品なのです。以下の図で説明します。

普通の状態。

音を変化させる仕組み。


これは、ギターを縦の中心線でスパっと切って、横からその断面を見た常態の図です。アームをグっとボディ側に倒す(自分のお腹に向かって手を動かす)と、ユニットが傾き、弦がたわむのです。輪ゴムを両手で引っ張ってピンとしてから、そのまま左手を右手に近づければ、ピンと張った輪ゴムがたわみますよね?同じ理由で、普段はピンと張った状態から、ユニットを傾けることで距離が縮んで、弦がたわむのです。


何が「シンクロ(同期)」なのかと言えば、構造的に弦を受け止める部分、弦を支える部分、そしてボディ裏でスプリングと繋がる部分が一体化されていて、その三つの役目を担う構造体自体が同期して動く仕組みなので、「シンクロ」と銘打たれているのです。

今までのトレモロユニットは、弦を止めるパーツと支えるパーツが別体なものがほとんどで、いざ、トレモロを動かすと、摩擦や色々な要素がジャマをしていて、セッティングがよほど決まっていない限りは「使えば必ずチューニングが狂う」という状態でした。

そこを、構造自体を極限までシンプルにした結果、余計な摩擦が減り、チューニングの安定にも繋がりました。そして構造的に、従来の物よりも可動範囲が大幅に広く取れ、よりダイナミックなビブラートを掛ける事が可能になったのです。

ヘッドの六連ペグ。


チューニングの安定には、実はこの六連のペグ(弦を巻く部品)も、大きな理由の一つと言われています。伝統的なギター、クラシックギターやフォークギターを見ると分かりますが、ペグは3対3と、中心を堺に両側に位置して付いてます。これは、弦に角度をつけて、余計な摩擦を生み出しているのですが、これを六連とする事で、ペグと弦の関係がより真っ直ぐに保たれ、摩擦を減らしているのです。

そんなシンクロの可能性をいち早く発見し、最大限に活用した最初の人物こそが、ジミヘンことJimi Hendrixでした。ただ、開発者のレオ・フェンダー氏は、「あんな使い方は邪道だ!」と激怒したとかしないとか。



シンクロナイズド・トレモロユニット


余談ですが、上の写真のように少しだけボディから浮かせるセッティングを「フローティング」と言います。このセッティングをすることで、弦をたわむ方向(アームダウン)とは逆に、弦を引っ張る方向(アームアップ)にも少し動かす事が出来ます。完全にボディにつけてアームダウン専用にするか、写真のようにフローティングにするかは好みの問題です。ちなみにエリック・クラプトンは、アームを全く使わないので、完全にボディにベタ付けしてアームも外してあるそうです。



長々と書きましたが、そのほかにも演奏者の体にフィットするコンター加工とか、持った時の重量配分、高音側の弾きやすさを考慮したダブルカッタウェイとか、配線関係をアッセンブリーとしてゴッソリと交換、保守点検が出来る点とか、工業製品としての生産に成功したとか…

まぁ色々とあるのですが、とにかく既に超長文になってしまっているので、この辺で失礼しようかと思います。第一回目で、一番好きで思い入れのあるストラトを持ってきたのがマズかったかな…。最後まで読んでくれた方がいたなら、本当にありがとうございました。

っというかお疲れ様でした。


テーマ:ギター - ジャンル:音楽

  1. 2011/01/15(土) 01:07:09|
  2. 分類不可
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ザ・グレート・コノ

Author:ザ・グレート・コノ
ブログ番長のT.G.コノです。
八王子合氣道友好会で、合氣道やってます。八王子を拠点に活動する団体です。生徒の徒然を書きますので、お気軽にコメント下さい。

また、合氣道仲間を随時募集していますので、興味のある方は、いつでもご連絡下さい。

なお、入会資格は小学生以上の方とさせていただきます。ホームページへのリンクはこちら↓からどうぞ。

八王子合氣道友好会



※必ずお読み下さい。

管理人からのお願いです。

当ブログでは、お越しになった方々とのコミュニケーションを図りやすくする目的で、皆様からのご意見を自由に投稿いただけるコメント欄を設けております。投稿内容があからさまな嫌がらせ、誹謗中傷、記事に無関係な勧誘など悪質なものは発見次第、管理人の判断で予告無しに削除をする場合がございます。ご了承下さい。

合気道に興味がある方もそうでない方も、楽しく参加できるよう、最低限のマナーを守っていただけると幸いです。宜しくお願い申し上げます。

カテゴリ

八王子合氣道友好会について (3)
合氣道の徒然 (78)
よもやま話 (89)
イベント (22)
連絡事項 (4)
オススメグルメ (7)
メンバー自己紹介 (8)
八王子のこと (17)
分類不可 (5)
見学や体験をお考えの皆様へ。 (1)

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

QRコード

QR