八王子合氣道友好会ブログ

合気道が好きな人たちのブログです。

禅ブログ…?

暑中お見舞い申し上げます。
T.G.[叱ってほしい]コノです。

前回、雪乃丞さんの深いブログで皆さんどん引きしたと思いますが、
釣られて私も、皆さんを遠くへ遠くへ突き放すようなブログを…

って、普通に書いてても遠くに突き飛ばしてるか。




春は花
 夏ほととぎす
  秋は月
   冬雪さえてすずしかりけり





雪乃丞さんの記事であった通り、禅では未来の不安や過去の後悔はどうにかする事は出来ず、「今」という瞬間しか大事なものは無いという考え方をしますけれども、↑に紹介した道元の歌も、正しくそういう潔い美しさのある歌だと思います。

小学生の作文のように、シンプル極まりない歌ですが、どうしてこれを大人が作るとなると、ここまで余分をそぎ落とすことは難しいと思います。だからこそ、読み飛ばしてしまう人は読み飛ばしてしまいますが、考える人にとっては面白い歌なんだと思います。

歌には、見たまま、感じたままの「今」しかありません。暑いから涼しくなればいいなとか、寒いからコタツが欲しいとか、そういった「欲」などが全く入っていません(当然ですが)。ただ、その場その場の「今」を四季毎に切り取った歌です。



なかなか、自分の置かれた状況を、あるがままにスっと受け入れるのって、難しい時もあります。「こんなハズじゃないのに」とか、逆に「あぁ、これくらいで良かった」と思うのも、人間ですから当たり前です。でも、そう思ってしまう事によって、もし自分が余計に辛くなるようだったら、何も考えずに受け入れた方がラクな場合もありますよね。

「あぁ、そうなんだ」と受け入れた瞬間に、冷静に次に踏むべき段階が見えて来る事があります。頑張って頑張ってもダメで、「どうして?なんで?」と頭に血が上った状態では、次のステップどころか、自分の過去しか見えてない状況です。そうなる前に、その場はツライでしょうけど、ある段階で今までしがみついていたモノ=過去を「捨てる」事が、かえってラクな時もあります。



「禅を修行すると何が得られますか?」と聞かれた禅師が、「得るようではダメ。全部捨てるのが禅」と答えたお話もあります。そんな出家のような生活は我々にはさすがに出来ませんが、日常生活の中に「エッセンス」として取り入れると、現代的思考ではたどり着けない結論が出る事も充分にあります。

禅の考え方は、発想の転換や視点の切り替えが、かなり参考になります。


今、目に見えているものが全てではないんですよ。


四駆


ね?
スポンサーサイト
  1. 2010/07/27(火) 00:53:37|
  2. よもやま話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

沙羅双樹の樹のもとで

再び、雪乃丞です。

「平家物語」でうたわれた沙羅双樹の花って見たことありますか?「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり、沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらわす・・・」の沙羅双樹です。沙羅双樹はお釈迦様が入定された時(修行の一種ね)、一斉に花を開き、その死を悲しんだと言われています。しかし、この仏教の沙羅双樹はインドのそれとは異なるそうで、日本のものは、ナツツバキと言われ、椿の一種だそうです。

この日本の沙羅双樹は朝に花を咲き、夕方には散ってしまうので、人の世の常ならぬことを表しています。お釈迦様は「形あるものは必ずこわれて行く。形美しきもの永遠に保てず。」と教えたそうです。この儚さが沙羅双樹を愛でる人たちの心を奪うのではないでしょうかね。

しばらく前に京都にぶらり旅をした時に、偶然、妙心寺東林院というお寺でこの沙羅双樹を愛でながら、お抹茶をいただきました。沙羅双樹の開花時期の6月の2週間程度だけ公開していたようです。その時、たまたま法話があったので、その時の話です。

妙心寺東林院の沙羅双樹


沙羅双樹の白い花は梅雨の時期には、雨に打たれて、すぐに散ってしまい、苔の上に落ちてしまいます。緑の苔の上に白い花。この時期あえてその花を丁寧に掃除したりしないそうです。その日、雨は降っていませんでしたが、梅雨らしい湿度の高い日でした。私は湿度の高くて暑い夏や梅雨がとても嫌いですが、沙羅双樹を前に、法話を聴け、清々しい気分になりました。

梅雨の鬱陶しい気候も苔を青々させ、沙羅双樹の花を美しく咲かせる。つまり、憂鬱になるようなことも、結局はこの美しい風景になり、私を楽しませている。苦しいことも楽しいことも世の中の全てのことを構成している。たった1日の命の沙羅双樹の花を憂うのではなく、万物は生滅を繰り返し、不変のものは何一つないこと認識する。諸行無常の中で、確実に把握できるのは、いま、ここ、自分がすべて。人の命は限りがあり、些細なことに心巡らすのではなく、瞬間瞬間限られた命を精一杯全うする。沙羅双樹を前に、そんなことを教えてくれました。

妙心寺は禅寺なので、最後に坐禅をして後にしました。大人になってからの修学旅行(?)は学ぶことが一杯です(笑)

妙心寺東林院の坊主


合掌
  1. 2010/07/23(金) 23:09:05|
  2. よもやま話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あれはイタイわ!

久々に雪乃丞ですわ。

しばらく前に通勤で使用している京浜東北線が緊急停止して、10分位待たされました。止まるのはよくあることですし、夜だったので、酔っ払いでもいたのかな?と思っていました。目的のK崎駅で降りると、ホームで人だかりが・・・。

警備員に囲まれて、チンピラっぽい人が腹ばいになっていました。よく見ると、警備員らしき人が、小手返しで極めている(立って極める方ね)!!片膝で相手の背中も押さえていたので、完全に動けないでいましたよ。警察の人たちがその後やって来たので、まだ取り押さえたばかりだったんでしょうね・・・。

何をして取り押さえられていたのか、分かりませんが(K崎はそんなオカシイ人多いしね)、小手返しで極められている人初めて見ましたよ(もちろん、稽古以外で)。押さえていた警備員さんは小太りのおっちゃんのようだったけど、どうやって取り押さえたのか、見てみたかった~~。

いやいや、武道の技など使わなくても生活できるような平和な世界がいいよね。え?オチはこれじゃダメ??

  1. 2010/07/20(火) 00:36:44|
  2. 合氣道の徒然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

期末終わったー\(^O^)/

期末終わったー\(^O^)/
明日は試験休み、うはうはのガラ少です。

今日は部活のみんなで毎年恒例ホタル観察へ行ってきました!
きれいでしたよ~+。・
写真は残念ながら撮れませんでしたが;
あと、景色は田舎なのに、新しいJRの車両が通るのでミスマッチでした(笑)

さて、テスト一週間前。
アップしようアップしようと思っていて結局できなかった写真を今日アップしようと思います。
日にちは、食事会の前日ですから金曜日ですね。

模試で遅くなり、暗くなった道を私が帰宅していると、道路脇に影が……!!

カエルでした。

アズマヒキガエルくん。
思えば線路沿いのこの道に、毎年この時期になると見かけるんですよね。
一体どこから来てどこへ行くのか、なんて、考え方によっては哲学的なことに思考を巡らせつつ捕獲
ガラ少も小さいカエルくんくらいなら触れます。

あれ、ヒキガエルの体液ってかぶれるんでしたっけ。
でも去年もかぶれなかったのできっと大丈夫でしょう。

私は浅川に行くのかな、なんて思いますが、線路を越え、甲州街道を越え、危ない道のりです。
あのカエルくんが無事に目的地にたどり着けますように。

そういうのが苦手な某雪乃丞さんのためにも、他の苦手な方のためにも、カエルくんは追記にアップしますね。

ではでは、ここまで読んで下さった方、ありがとうございました! [期末終わったー\(^O^)/]の続きを読む
  1. 2010/07/13(火) 00:00:18|
  2. よもやま話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

飲み会。

T.G.コノです。

年に一日、あるかないかの「稽古お休みの日」。今年は7月3日でした。

軽い気持ちで、だいぶ前に「飲み会でもやりますか?」と言っていたのは私。
すっかり忘れていた頃に「3日は飲み会やるの?」と言われて思い出し、
慌てて手近なメンバーを確認してお店を押さえて敢行しました。

参加者は畳あざらしさん、元爺さん、ガラ少、新人Sさん、私の五人。
急なお話になってしまったので、小ぢんまりと。



普段、土曜日の夜は稽古をしているので、「次の日を気にせずに飲める」機会が少ない我々。
今回は未成年のガラ少も参加という事で、「飲み会」ではなく「食事会」風にくつろげるお店で。
稽古中は話してばかりいるわけにはいかないので、こういう機会は貴重です。
なので、合氣道の話以外でも、色々な話で盛り上がりました。

飲み会~


なんでしょう、気づいたら空いたグラスばかりになってまして…。
良い写真を撮るヒマがないくらいに楽しい食事会でございました。

今年は、先生宅でのBBQはいつかな~。





  1. 2010/07/04(日) 20:29:06|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ザ・グレート・コノ

Author:ザ・グレート・コノ
ブログ番長のT.G.コノです。
八王子合氣道友好会で、合氣道やってます。八王子を拠点に活動する団体です。生徒の徒然を書きますので、お気軽にコメント下さい。

また、合氣道仲間を随時募集していますので、興味のある方は、いつでもご連絡下さい。

なお、入会資格は小学生以上の方とさせていただきます。ホームページへのリンクはこちら↓からどうぞ。

八王子合氣道友好会



※必ずお読み下さい。

管理人からのお願いです。

当ブログでは、お越しになった方々とのコミュニケーションを図りやすくする目的で、皆様からのご意見を自由に投稿いただけるコメント欄を設けております。投稿内容があからさまな嫌がらせ、誹謗中傷、記事に無関係な勧誘など悪質なものは発見次第、管理人の判断で予告無しに削除をする場合がございます。ご了承下さい。

合気道に興味がある方もそうでない方も、楽しく参加できるよう、最低限のマナーを守っていただけると幸いです。宜しくお願い申し上げます。

カテゴリ

八王子合氣道友好会について (3)
合氣道の徒然 (78)
よもやま話 (89)
イベント (22)
連絡事項 (4)
オススメグルメ (7)
メンバー自己紹介 (8)
八王子のこと (17)
分類不可 (5)
見学や体験をお考えの皆様へ。 (1)

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

QRコード

QR