八王子合氣道友好会ブログ

合気道が好きな人たちのブログです。

こちらも日々精進

みなさまこんばんは☆
お久しぶりです、ガラ少ですよう\(^O^)/

先日カラオケ八時間半を経験しました。
大人数だったとはいえ、何せ自己最長記録、疲れました。
あああ遊び疲れた、もう勉強しよ…、と思わざるを得ない疲れよう、自分でもびっくりです。

それはそうと、私には合気道の他にも趣味がありまして♪
かなり色々かじってはいるのですが、その中でも「絵を描くこと」はダントツで好きです。
上手い下手じゃないんですよ!
ただ楽しいんです、まずそこからですよね、何でも。

と、いうわけで。
描くジャンルによって成果を見せたい相手は違います。
合気道のことだったら、ここかなあ…、と!

とりあえず言い訳は打ち切って、早速見ていただきたいのが…
先週の稽古で最後にやった、「一教」の2コマです。

一教1

のっぺらぼうだとお世辞すら言ってもらえないと思って顔はつけました。
誰とは言いませんが【笑”
ちなみに、この状態だと相手に起きあがられてしまいますね。

一教2

倒した後のきめです。
痛かったら畳を叩いてくださいね♪
いきなりぎゅってやってはいけませんよ。痛めます。
よい子も悪い子もふざけてやらないように!

右手の親指の付け根当たりに、この技のときにできたと思われるアザができていました^^;
痛くはなかったですが、多分、相手の親指が当たっている場所だったと…
あ、今見たら、ちゃんと消えていましたよ☆
あのアザは、先輩や先生方の愛情の形だと思((以下自粛

合気道も日々精進。
こっちの腕も日々精進したいものです。
残念ながら立場上、精進しなければいけないものは

勉強・成績>>>>>>越えられない壁>>>>>>趣味・娯楽

ですので、あんまり毎日描いてもいられないのですが^^;苦笑

成績を伸ばしたい、合気道が上手くなりたい、絵が上手く描ければいいのに、歌だってもっと上手ければ…
終わらないものは、願望だって永久に続きます。
そんなものがたくさんある私はとっても幸せだと思います。

ではでは。
ここまで付き合ってくださった皆様!
絵を見て笑いをかみ殺してくださった皆様!
ありがとうございました!
スポンサーサイト
  1. 2010/06/17(木) 21:53:40|
  2. よもやま話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

6月13日。

T.G.コノです。

去年のこの日、私にとっての大事件が起きました。

合氣道の稽古が終わり、そのまま何かの打ち合わせで、レストランで集まっていた時でした。
私の携帯がメール受信のランプが点滅。
開いて見てみると、差出人の友人から、短く


「三沢さんが亡くなったらしい」


という内容。
その友人とはいつも下らないやり取りばかりでしたし、内容には少し驚いたのですが、半分信じないでいました。
集まりも終わり、やはり何となく気になって、急いで帰ってネットで調べてみると…





本当に悲しいことでした。
あの「受身の名手」と知られた三沢選手の試合中の死。
信じられませんでした。
そしてこれからのプロレス界の将来も、同時にとても心配になりました。


私が中学の頃、「タイガーマスク」から「三沢光晴」へ変身した瞬間をテレビで見てました。
そこから何年も三沢選手とジャンボ鶴田選手の死闘を、いつも見てました。

ジャイアント馬場から、そして全日本プロレスのエース、ジャンボ鶴田選手からも勝利を挙げた三沢選手。
戦後のプロレスは、力道山から馬場・猪木へ世代が代わりました。
それ以来の大きな世代交代と言っていい、大変な役割を演じ、走り続けた三沢選手。

その後、全日本プロレスを離脱し、プロレスリング・ノアという新団体を設立。
長かった「全日本」と「新日本」の二強の時代に、「ノア」という選択肢が増えた瞬間でした。
既存の団体とは一線を画す、群を抜いて斬新でハイレベルなプロレスを展開していましたね。

そこへ、設立10周年を目前とした三沢選手の訃報。
色々な思い出やこれからの思いが交錯して、私は涙が止まりませんでした。



同時に、「そこそこ受身も取れてきた」なんて思っていた自分が恥ずかしかったです。
そして、どんな人にだって事故は起きるんだと痛感。
もちろん、三沢選手の歴戦の負傷、古傷による蓄積されたダメージが大きな要因ではありましたが…。

それ以来、自分の中で受身に対する姿勢が、だいぶ変わったと思います。
そして皆さんも、合氣道も危険な武道には変わりないという事実を、再確認してもらいたいと思います。

不真面目にやっていたら、首から逆さに落ちる可能性はゼロではありません。
「そういう事をやっている自覚」は、和気藹々とした雰囲気の中でも意識して欲しいと。
「お前に言われるまでも無い」と言われるかも知れませんが…。


三沢光晴




そんなことを思った、三沢選手の一周忌でした。



この先、会った事もない人の死で泣く事があるだろうか…




  1. 2010/06/13(日) 23:48:10|
  2. よもやま話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

80年代の音。

「柳ジョージです」

じゃなくてT.G.コノです。




最近、個性のあるミュージシャンが少ないですよねぇ。

動画サイトを徘徊していたら、柳ジョージにぶつかりました。私の中でなぜか「80年代の音」と言えば柳ジョージ。この人の歌声は強烈に耳に残ります。歌も素晴らしいのですが、彼の場合はなにげにギターも上手い。テクニック云々じゃなく、歌声同様、ギターのトーンを聞いただけで「あ、柳ジョージだ」と分かってしまう個性。

本人も多少意識していたのかもわかりませんが、今でもよく「和製エリック・クラプトン」などと呼ばれています。でも、そんな肩書きは全く必要ないほどに「柳ジョージ」は「柳ジョージ」ですよね。

こういう曲調や歌詞の世界は、とてもじゃないけど現代的では無いかも知れません。でも、一声だけで聞く人間を引き込む力、曲の世界へ引っ張り込む表現力を持つミュージシャンが、今では本当に減ったと思います。

最近の歌は曲調も歌声も個性が無く、誰が歌っても同じ、という感じがしますけど、柳ジョージは、ちょっと誰にもマネ出来ない「世界」を持った存在だと思います。80年代は優れた(本物の)アーティストが多かったと、今になると思います。



しかし高校くらいの時は「おっさん臭い」と思っていた柳ジョージですが、おっさんになってしまった今、メチャクチャ響きますね。悔しい限りです。

  1. 2010/06/04(金) 10:36:13|
  2. よもやま話
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ザ・グレート・コノ

Author:ザ・グレート・コノ
ブログ番長のT.G.コノです。
八王子合氣道友好会で、合氣道やってます。八王子を拠点に活動する団体です。生徒の徒然を書きますので、お気軽にコメント下さい。

また、合氣道仲間を随時募集していますので、興味のある方は、いつでもご連絡下さい。

なお、入会資格は小学生以上の方とさせていただきます。ホームページへのリンクはこちら↓からどうぞ。

八王子合氣道友好会



※必ずお読み下さい。

管理人からのお願いです。

当ブログでは、お越しになった方々とのコミュニケーションを図りやすくする目的で、皆様からのご意見を自由に投稿いただけるコメント欄を設けております。投稿内容があからさまな嫌がらせ、誹謗中傷、記事に無関係な勧誘など悪質なものは発見次第、管理人の判断で予告無しに削除をする場合がございます。ご了承下さい。

合気道に興味がある方もそうでない方も、楽しく参加できるよう、最低限のマナーを守っていただけると幸いです。宜しくお願い申し上げます。

カテゴリ

八王子合氣道友好会について (3)
合氣道の徒然 (78)
よもやま話 (89)
イベント (22)
連絡事項 (4)
オススメグルメ (7)
メンバー自己紹介 (8)
八王子のこと (17)
分類不可 (5)
見学や体験をお考えの皆様へ。 (1)

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

QRコード

QR