八王子合氣道友好会ブログ

合気道が好きな人たちのブログです。

兄ちゃん、ギター弾くのかい? Vol.1

T.G.コノです。

ブログ番長としてお恥ずかしい限りですが、一月以上のご無沙汰です。
え~、こういう事態がしばらく起こらないように、今月中に三本のネタを上げようと思っております。

題名でお気づきかと思いますが、前回は道場内のメンバーから「全然わかんない」「面白くない」「合氣道と関係なさ過ぎる」と大好評だった、2009年3月から始まった「ギター大好き」シリーズのように、連続モノで行きます。全五回を惜しまれつつ終わったのも、もう二年も前ですね。

前回はギタリスト、「人」をメインにしましたが、今回は「ギター」を取り上げようかと。S兄弟のパパさんも「ギター好き」と言う情報をR君から得ているので、とりあえず一人は楽しませる事が出来るでしょう。



記念すべき第一回目は、いきなりFender社の「Stratocaster」をご紹介します。まず、ギターメーカーには、Gibson社とFender社の二大ブランドがあります。大まかに説明すれば、「伝統のGibsonと、「革新のFenderという言い方が出来ると思います。今回はまず、「革新」のFender社の製品「Stratocaster」から。

二本のストラト
赤が左用、黒が右用です。私は左利きなので、黒は逆さにして弦を張り替えて使っています。


正式にはストラトキャスター、通称「ストラト」。

主な使用ミュージシャン:
ジミ・ヘンドリックス、スティーヴィー・レイ・ヴォーン、ジェフ・ベック、バディ・ガイ、ロリー・ギャラガー、チャー、ディック・デイル、ボニー・レイット、リッチー・ブラックモアなど。思い出せてない人もたくさんいそうですが、こうして見ると日本人で「ストラト使い」ってイメージの人、少ないですね。



ストラトは1954年に発売されたのですが、特筆すべき点は、現在でも基本的に形や機能を変えることなく生産され、ミュージシャンの手元へ届けられています。そして突然、結論から言ってしまいます。それは、ストラトは世に出た瞬間から、「完成されたエレキギター」だったという事。全ては書ききれないので、特に大きいと私が判断する、以下の三点について解説していきます。まず、


ネック

それまでのアコースティックやエレキギターは、「セットネック方式」と呼ばれる方式をとっていました。それは、ギターのネック(細い部分)と、ボディの二つの部品を、きれいに密着するように加工し、その上で「接着」していました。これは二つの部材が密着することで、振動がボディ、ネックとも良く伝わり、豊かな音色に繋がるものです。

音色としては良いのですが、欠点は「ネックが折れると修理が困難」という点でした。ボディと接着剤で接着されているので、ネックだけ取り外すのに時間が掛かるのですね。

そこをクリアしたのが、ストラト(正確にはその前身のテレキャスターからですが)に採用されている「デタッチャブル方式(通称「デタッチ」)」。簡単に言うと、ネックとボディをピッタリと合うような規格でたくさん作っておいて、ネックが折れたらネックだけを交換して、「ネジでボディに留める」方式です。

プレートを介してボディと留められているネジ四本(70年代の一時期は三点留め)を外せば、ネックは簡単に取り外せるので、万が一のトラブルにも新しいネックを用意すれば、そのまま付け替えて解決できるものです。加工の精度にもよりますが、しっかり出来ているものは、音色に関してセットネックとさほど変わりないと言っても差し支えないでしょう。

パネルを介してネジ四本で留められるネック。
ネックとボディの境目に見える、金属のプレートを介して留まっています。




ピックアップ(P.U)


P.Uは、弦の振動を拾うマイクの事です。下の写真で言うと、ボディに付いている、弦が通る部分の下にある三つの部品です。ギターの弦は六本なのですが、その六本の弦それぞれに対して、六つの丸が見えると思います。それが以下に説明するポールピースです。

仕組みは、各弦に対応した六個のポールピース(磁石)に、銅のコイルが巻いてあります。その上を、金属である弦が振動する事で発生する「電磁誘導作用」により生まれる電気信号を、ケーブルを通してアンプで増幅して音が出る、という仕組み。なので、マイクと言っても、P.Uに向かって「あー、あー」と声を出しても、理論的には音は出ません。

P.Uに関しては、ヤマハのHPに実験等を絡めて詳しく載ってますので、ご参照下さい。

http://www.yamaha.co.jp/plus/electric_guitar/?ln=ja&cn=11203&pg=2

ストラトキャスターは、そのP.Uを三個も搭載しています。それぞれは全く同じ仕組みのものですが、ボディへの取り付け位置によって、音色が全然違います。取り付けられた位置によって、弦の振動の幅が全然違うからです。

P.U部分のアップ。
便宜的にP.Uを左から①、②、③と表記します。


上の写真で説明すると、P.Uは左から①→③に従って、硬い音・中間の音・丸い音が出ます。そのそれぞれを、写真中央下部に見えるレバーを使い、出したい音によって、どのP.Uを使うか選ぶ事が出来ます。現在ではレバーは五段になっていて、→ ①+②→ → ②+③→ の組み合わせの5通りの音が出ます。①+②、②+③の組み合わせは「ハーフトーン」と呼ばれ、ストラトの代名詞的な音と言われています。

ちなみに昔のレバーは三段式でしたが、たまたま中間点で二つのピックアップに跨って接点が触れるポイントがあったので、昔の人は上手に微妙な位置で止めて使用していたのですが、その煩わしさを解決する為、最初から五段にしたようです。

また、敢えてサイズの小さい「シングルコイル」と呼ばれる、パワーは弱いけども、シャープな音の出る構造のP.Uを付けているのは、エッジの効いたサウンドを出す為らしいです。それは当時のバンドスタイルの主流であったブラス(吹奏楽器)の音の中に埋もれないようにだった、という話を聞いた事があります。いずれにせよ、このシングルコイルのサウンドが、ストラトの「枯れた音」と表現される大きな要因になっている事は、間違いありません。




トレモロユニット

ストラトの一番偉大な発明と言えば、やはりこの「シンクロナイズド・トレモロ(通称「シンクロ」)」でしょう。現在発売されている様々なメーカーのトレモロユニットも、ほぼ全てがこのシンクロを元にして開発されているのは、一目瞭然です。

トレモロユニットというのは、いわゆる「ビブラート」を「機械的に作る装置」です。今までもあったにはあったのですが、その構造の複雑さや部品の多さなどにより、使うとどうしてもチューニングが狂ってしまう悩みを抱えていました。そこで開発されたのが、このシンクロナイズド・トレモロです。



ちょっと戻ってもらって、一番最初に載せた写真の黒いストラトのボディに、金属の棒が付いて垂れ下がっているのが見えると思います。その棒が付いている根元の金属の部分が、トレモロユニットです。金属の棒は、トレモロアームといいます。そして二枚目の写真の赤いストラトのボディの裏には、スプリングが張ってあるのが見えます。ギターの裏にスプリングが張ってあるなんて、知らなかった人もいるでしょうね。それも大事な部品なのです。以下の図で説明します。

普通の状態。

音を変化させる仕組み。


これは、ギターを縦の中心線でスパっと切って、横からその断面を見た常態の図です。アームをグっとボディ側に倒す(自分のお腹に向かって手を動かす)と、ユニットが傾き、弦がたわむのです。輪ゴムを両手で引っ張ってピンとしてから、そのまま左手を右手に近づければ、ピンと張った輪ゴムがたわみますよね?同じ理由で、普段はピンと張った状態から、ユニットを傾けることで距離が縮んで、弦がたわむのです。


何が「シンクロ(同期)」なのかと言えば、構造的に弦を受け止める部分、弦を支える部分、そしてボディ裏でスプリングと繋がる部分が一体化されていて、その三つの役目を担う構造体自体が同期して動く仕組みなので、「シンクロ」と銘打たれているのです。

今までのトレモロユニットは、弦を止めるパーツと支えるパーツが別体なものがほとんどで、いざ、トレモロを動かすと、摩擦や色々な要素がジャマをしていて、セッティングがよほど決まっていない限りは「使えば必ずチューニングが狂う」という状態でした。

そこを、構造自体を極限までシンプルにした結果、余計な摩擦が減り、チューニングの安定にも繋がりました。そして構造的に、従来の物よりも可動範囲が大幅に広く取れ、よりダイナミックなビブラートを掛ける事が可能になったのです。

ヘッドの六連ペグ。


チューニングの安定には、実はこの六連のペグ(弦を巻く部品)も、大きな理由の一つと言われています。伝統的なギター、クラシックギターやフォークギターを見ると分かりますが、ペグは3対3と、中心を堺に両側に位置して付いてます。これは、弦に角度をつけて、余計な摩擦を生み出しているのですが、これを六連とする事で、ペグと弦の関係がより真っ直ぐに保たれ、摩擦を減らしているのです。

そんなシンクロの可能性をいち早く発見し、最大限に活用した最初の人物こそが、ジミヘンことJimi Hendrixでした。ただ、開発者のレオ・フェンダー氏は、「あんな使い方は邪道だ!」と激怒したとかしないとか。



シンクロナイズド・トレモロユニット


余談ですが、上の写真のように少しだけボディから浮かせるセッティングを「フローティング」と言います。このセッティングをすることで、弦をたわむ方向(アームダウン)とは逆に、弦を引っ張る方向(アームアップ)にも少し動かす事が出来ます。完全にボディにつけてアームダウン専用にするか、写真のようにフローティングにするかは好みの問題です。ちなみにエリック・クラプトンは、アームを全く使わないので、完全にボディにベタ付けしてアームも外してあるそうです。



長々と書きましたが、そのほかにも演奏者の体にフィットするコンター加工とか、持った時の重量配分、高音側の弾きやすさを考慮したダブルカッタウェイとか、配線関係をアッセンブリーとしてゴッソリと交換、保守点検が出来る点とか、工業製品としての生産に成功したとか…

まぁ色々とあるのですが、とにかく既に超長文になってしまっているので、この辺で失礼しようかと思います。第一回目で、一番好きで思い入れのあるストラトを持ってきたのがマズかったかな…。最後まで読んでくれた方がいたなら、本当にありがとうございました。

っというかお疲れ様でした。


スポンサーサイト

テーマ:ギター - ジャンル:音楽

  1. 2011/01/15(土) 01:07:09|
  2. 分類不可
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

A crazy culture called [Mo-e] from Japan!

八王子、まさかの積雪!
観測史上初の快挙…かな?
非常にグレートですね。
T.G.コノです。



ひょんな事から「けいおん!」を知ってしまいました。以前から、高校生のガールズバンドを主人公にした漫画(アニメ)の噂は聞いていましたが、最近またよく耳にするようになりまして。何を隠そう、私の高校時代は軽音楽部抜きには語れない人間なので、今更ながら調べてみました。

すると、主人公のバンドである「放課後ティータイム」のベースの子は、私と同じ左利きではないですか!そんな事から一挙に親近感が高まり(?)、You Tubeなどで動画などをチェックしてました。普段、ポップスとは無縁な音楽生活をしている私にとって、ある意味衝撃的でしたねぇ。

そしてもう一つ衝撃的といえば、私が各方面で「けいおん!」に言及したところ、周りのバンド仲間20代~40代が、けっこう「けいおん!」の存在を知っていたどころか、「DVDを見た!」という意見も散見されました。…お、俺は遅れていたのか!?



そんな中、劇中の挿入歌である「ふわふわ時間(「時間」と書いて「タイム」と読むらしい)のベースラインが非常に躍動感があって楽しそうだったので、勉強だと思って練習しようと、You Tube内をウロウロしていました。

やっぱり、ネットの住人というのはスゴイ人が多いですね。「ふわふわ時間 ベース」で検索したら、色々な人たちが生き生きと動画をアップしてました。

例えば…

スラップ番長。


全編、勝手なアレンジによる完全なスラップ(チョッパー)演奏で、使用するベースも8弦ベース(通常は4弦)という、見た目年齢のベース歴からして、かなりの猛者でしょう。上手です。彼に一体、何があったのかは知りませんが、躍動しながら楽しそうに弾いているので、まだ大丈夫でしょう。左下に見える扇風機で、常に髪をなびかせてます。



それとこんな人とか…

着ぐるベース。

彼(彼女?)の他の動画での腕前を見ると、けっこう上手な人でした。中身はどんな人だろうか…と考えると危ない。っというか、既に充分危ないか。ベースの無い間奏部分で、カメラに寄って可愛くポーズしてました。実は私が「ふわふわ時間」をコピーする際、運指など一番参考にしたのが彼女(彼?)。



それとちょっと「おっ!」と思ってしまったのが…

本物の女の子の生足。

説明によれば、投稿者の妹らしいです。ようやく本物の(?)女の子です。まだベースを始めて一月に満たないらしいですが、なんとか形にはなってます。このまま続けてれば上手になるでしょう。とにかく、左奥の猫と、何より健康的な膝が気になって仕方ありませんが。



爆笑したのが、ベースではありませんがコレ。

影響されたドナルドさん。

あのドナルドさん(?)が「けいおん!」を見て影響されて、ドラムを叩いたようです。けっこう上手いです、この人。全くの無声でやるのかと思いきや、よく聞くと途中、変な声でコーラスをとっている姿に爆笑してしまいました。「けいおん!」のDVDを、自宅でビール片手に見ている様子も笑えます。「ドナルド けいおん!」で検索。



いや~、濃いですね。私はYou Tubeで調べる以外、肝心のマンガ、アニメともまだ見ていません。バンド仲間から「第二期の放送あるらしいよ!」と言われましたが、30半ばに差し掛かる時期に、二次元に行って戻れなくなったら困るのでやめておきます。チラ見してる段階でさえ、萌えっぱなしだというのに。

と言いながら、マスターした「ふわふわ時間」を、用も無いのに弾きまくっております。
いつでも「けいおん!」バンドが組める状態です。
どこかの女子高生バンドの方、おっさんベースを入れて下さい。
セーラー服着てもいいです。 ←おい!



以上、合氣道的見地からの「日本発の世界的萌え文化」についての考察でした。


テーマ:アニソン・キャラソン - ジャンル:音楽

  1. 2010/04/17(土) 11:38:26|
  2. 分類不可
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

いや~、どうなるのか!

ベトナムで鳴らしたオレ達特攻部隊は、濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが、
刑務所を脱走し地下に潜った。しかし、地下でくすぶってるようなオレ達じゃあない。
筋さえ通りゃカネ次第で何でもやってのける命知らず。
不可能を可能にし、巨大な悪を粉砕する、オレ達 特攻野郎Aチーム!





そう、あの「特攻野郎Aチーム」がリメイクになるそうで、一人テンション上がっているT.G.コノです。30代以上の方はご存知かと思いますが、あの映画評論家の淀川長治氏も大絶賛だった、冒険活劇TVシリーズです。私はトラウマと紙一重なほど好きでした。

で、かなり考え抜いたであろうキャスティングですが、気になるジョン・スミス大佐(通称「ハンニバル」)は、オリジナルのTVシリーズでは、「ティファニーで朝食を」でオードリー・ヘプバーンと共演したジョージ・ペパードだったのですが、今回は「K-19」でソ連軍将校を演じたリーアム・ニーソンだそうです。

いや~、このキャスティングは、オリジナル至上主義の人間を、充分納得させられると思いますよ。予告編を見る限りでは、一瞬オリジナルと見間違えてしまいましたもん。あの知性と冷静さを兼ね備えたハンニバル役に、彼はぴったりハマると思います。最初はブルース・ウィリスの予定だったそうですが…それはNGですわね。良かったです。



そして何より嬉しいのは、「車や兵器はさすがに新しいものに変わってしまうだろうな」と思っていたんです。まぁそれも、時代の流れとともに楽しみの一つだとも思っていたのですが…なんとB.A.バラカス軍曹(通称「コング」)の愛車は、当時モノと同じGMCのGシリーズだそうです!↑の予告編でも、爽快にぶっ飛ばすシーンが見られます。

いや~、ナイスチョイス!一時期、乗ってた自分の車を、本気であの塗装で塗ろうと思っていたほどなので、感激もひとしおです。劇場に足を運ぶだろうな、さすがにこれは。

では、最後に御馴染みのナレーションでお別れしましょう。




オレ達は、道理の通らぬ世の中にあえて挑戦する、頼りになる神出鬼没の

「特攻野郎Aチーム!」





助けを借りたい時は、いつでも言ってくれ!




テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

  1. 2010/01/29(金) 20:13:06|
  2. 分類不可
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

吉兆…?

T.G.コノです。



皆さん、日本の「国鳥」って、なんだか知ってます?
元おニャン子クラブの人?
違います、それは国生さゆりです。


さ~、みんなで考えよう!


ヒント1: 漢字一文字、読みは二文字。

ヒント2: オスは緑、メスは茶色。

ヒント3: 「ケーン!」と鳴く。

ヒント4: 桃太郎に、団子たった一つで命がけの戦闘に巻き込まれた経験アリ。



はい、ご存知の方が大半でしょうが、もうお分かりですね。
正解は(キジ)です。

どうしてそんな話?というと、先日、私の心のオアシスである小宮公園へ行った時の話。いつも通り鼻歌交じりで、山の中の遊歩道を歩いていると、横の茂みが突然ザワザワ!となったんです。それと同時に、夕日を浴びてキラキラ光る、美しい緑色の巨大な鳥が飛び出したんです。

以前から、早朝の鳴き声や、メスの個体は何度か目撃して確認はしていたのですが、まさかオスを目の当たりに出来るとは思いませんでした。多くの鳥は、メスの気を引くため、オスは大変に美しい色使いをしているものですが、このキジに関しても正しくそうで、とても美しかったです。

グリーンメタリックの体と、真っ赤な頭…よく剥製などでは置いてあるところもありますが、こうして生きたキジを直接見るのは初めてだったので、今思い出してもドキドキしてしまいます。なんだか物凄い吉兆な感じがしますよね。恐らく、これから私には両手一杯の幸せが来るに違いありません。

そのうち、

「大きいつづらか小さいつづらを選んでね!」

な~んて言われたりして。


あ、ありゃスズメの話か。
とにかく、なんとも御目出度い気持ちにさせていただきました。
恐るべし、都立小宮公園!




以下、キジの解説をウィキペディアより抜粋。


キジ(雉子、雉、学名:Phasianus versicolor)とは、キジ目キジ科の鳥。日本の国鳥。また国内の多くの自治体で「市町村の鳥」に指定されている。鳥類分類学者の中には、キジをP. colchicus(英名:Common Pheasant)の亜種(P. colchicus versicolor)とする者もいる。

キジやコウライキジは、世界中で主要な狩猟鳥となっている。なお、国鳥が狩猟対象となっているのは、日本だけという。国鳥に選ばれた理由の一つに「狩猟対象として最適であり、肉が美味」というものが含まれる。



解説で下線を引いた部分、ちょっと悲しいですね~。美味しいらしいですが、キジは食べたことが無いかもなぁ…。どこで食べられるんだろうか。まぁ、鶏肉みたいなものなんでしょうけども。国で指定された鳥なのに、「狩猟対象として最適であり…」って…。

でも、同じくウィキペディアで「国鳥」と調べた場合の解説は的を射ています。


このように容姿や分布のみならず、狩猟文化や食文化なども含めた国民的な知名度・親近感を考慮した上での選考の結果である。


なるほどね、民話や昔話にも多く出るように、キジは昔から我々の生活に密着した鳥なんですね~。今では鳥の話題というと、カラスやハトのフン害などが多いですが…。



ついでに小宮公園関連リンク↓

http://www.city.hachioji.tokyo.jp/kanko/shizen/001776.html

小宮公園で、僕と握手!

テーマ:東京 - ジャンル:地域情報

  1. 2009/06/08(月) 10:45:41|
  2. 分類不可
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

脱・あざらし…?

T.Gコノです。

ここ最近、半ば公然の「ネタ」と化していた、畳あざらしさんの巨大化問題

昨日、先週の稽古を私が休んだために、一週間見なかった間、畳あざらしさんの顔の辺りがほっそりしてました。聞くとどうやら、本格的にダイエットに挑戦している模様。

それにしても、運動をする時間が取れない状況の中、食事制限のみでここまですぐに結果を出す畳あざらしさん、なかなか凄いです。なかなか出来るもんじゃありません。本人曰く「ベルトの穴ひとつ分くらい」の成果。すばらしい。本が出せるよ、本が。

基本的には基礎代謝量を超えない範囲でカロリーを摂取していれば、理論上は太ることにはならないシンプルな理屈。計算が大の苦手な私でも、一日の摂取カロリーは2000kca以内で考えます。それプラス運動で体型維持。でもそこはやはり人間、完全に管理するのは難しいですわね。

そろそろ我々30代は、ついたお肉がうっかりすると、ガッチリと定着してしまうお年頃。健康のためにも、ある程度の体重を維持する努力は大事かと思われます。私が入った当時の、畳あざらしさんの「イケメン」っぷりの復活を楽しみにしております。



え?

大きなお世話だって?



身内をネタにブログを書いてしまう、イケナイ子のT.G.コノでした。

  1. 2009/05/24(日) 19:09:48|
  2. 分類不可
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ザ・グレート・コノ

Author:ザ・グレート・コノ
ブログ番長のT.G.コノです。
八王子合氣道友好会で、合氣道やってます。八王子を拠点に活動する団体です。生徒の徒然を書きますので、お気軽にコメント下さい。

また、合氣道仲間を随時募集していますので、興味のある方は、いつでもご連絡下さい。

なお、入会資格は小学生以上の方とさせていただきます。ホームページへのリンクはこちら↓からどうぞ。

八王子合氣道友好会



※必ずお読み下さい。

管理人からのお願いです。

当ブログでは、お越しになった方々とのコミュニケーションを図りやすくする目的で、皆様からのご意見を自由に投稿いただけるコメント欄を設けております。投稿内容があからさまな嫌がらせ、誹謗中傷、記事に無関係な勧誘など悪質なものは発見次第、管理人の判断で予告無しに削除をする場合がございます。ご了承下さい。

合気道に興味がある方もそうでない方も、楽しく参加できるよう、最低限のマナーを守っていただけると幸いです。宜しくお願い申し上げます。

カテゴリ

八王子合氣道友好会について (3)
合氣道の徒然 (78)
よもやま話 (91)
イベント (22)
連絡事項 (4)
オススメグルメ (7)
メンバー自己紹介 (8)
八王子のこと (17)
分類不可 (5)
見学や体験をお考えの皆様へ。 (1)

最新コメント

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

QRコード

QR